ニキビ 原因

そのニキビの原因、もしかしたらストレスかも

ニキビの原因

 

「ニキビは、基本的に10代後半の思春期の若者にできるもの」
と思っている方も少なくないですが、それは違います。

 

確かに思春期に、額や頬に出来る事はよくありますが、
ニキビを引き起こす要因は、古い角質の蓄積、
寝不足に偏った食生活、と実に様々で、
大人になってからできるものもあるのです。

 

けれども、大人になってからできるものは、
できる場所も原因も、思春期にできるそれとは、往々にして違います。

 

大人になってからできるものは、
「社会に出て働く『大人』だからこそ」抱える、食生活の乱れや、
過度のストレス」が原因である事が多く(女性では、
間違ったメーク落としも原因の一つに成り得ます)、
できる場所も思春期にできるものと違い、
背中や顎にできやすいです。

 

大人になってから顎にできた場合には注意が必要です。

 

なぜなら大人になってからできた顎ニキビは、
大きく腫れることが多く、それ故に、
気になって手で触ってしまい、雑菌が入って悪化しやすいからです。

 

対処方法は、早めに薬を使用、
ひどい場合は皮膚科を受診する事です。

 

大人になってからのニキビの予防方法は、
睡眠をしっかりとる事、そして、ストレスをためない事です。